切り紙遊び

Sponsored Link

子どもってはさみでチョキチョキ切るの好きですよね。一心不乱に切るのも楽しいのですが、ここではちょっと工夫して、きれいな切り絵を作っちゃいましょう。

【100円ショップで買える材料】
折り紙

【道具】
はさみ 鉛筆
材料

 

【作り方】
1 折り紙を三角に折ります。
手順1

 

2 もう一度三角に折ります。
手順2

 

3 もう一度三角に折ります。
手順3

 

4 写真のような線を鉛筆で描きます。
手順4

 

5 線に沿って切りこみをいれて開くと・・・お花のできあがり!!
手順5

 

【製作時間】
3分くらいでできます。手軽な手作りおもちゃといえるでしょう。

 

【遊び方のポイント】
この、三角を三回折ってから切り込みをいれる形が、
開いたときに面白い形になりやすいと思います。

ただちょっと分厚いので、小さいお子さんは切りにくいかもしれません。
やりにくそうなら、切るのを少し手伝ってあげましょう。

もちろん、四角く折って切っても、いろいろな形になるので試してみてください。
慣れてくれば、自分で折り方や切込みの入れ方を工夫してできますが、
最初は大人が切り込みの線を鉛筆で描いてあげてから、
子どもに切らせるとスムーズに行きます。

はさみの他に、穴あけパンチを使っても楽しいでしょう。
穴あけパンチ

創造力がつく手作りおもちゃになっていると思います。

 

【もっとやってみよう】
切り紙遊びの本を見つけました。

かっこいい切り紙 小林一夫著

切り紙の作り方や写せて使えるガイドもついているので
とても参考になりました。

この本を参考にして切った切り紙
いろいろ作ったよ

上から 電車、ビルを襲っている怪獣、恐竜2種類、くわがた です。
結構夢中になれるので、よかったら探してみてください。

【子どもの反応】
開いたら思わぬ形になるのが面白かったようで、
3人とも熱中した手作りおもちゃでした。

7歳の長女の作品
7歳の作品

星やハートを描いて切り抜いたようです。
長女が一番この切り絵に夢中になったようで、
リビングの一角に作品を飾るスペースを作ってせっせと切り絵を量産していました。

 

5歳の長男の作品
5歳の作品

なんだか警察のマークみたいなのができました。
私が鉛筆で線をひき、長男がはさみで切りました。
丸く切るのが苦手みたいなので、真っ直ぐ切れるようなデザインにしました。

 

3歳の次男の作品
3歳の作品

一緒にはさみを持って作りました。
お面みたいにして、穴の開いたところを覗いて喜んでました。
ただ、次男はできた作品に再びはさみをいれて、ばらばらにしていってました。。。

Sponsored Link