ぶらぶらおさるさん

Sponsored Link

モールの自由に形が変えられる性質を利用して、どこにでもぶらさがれるおさるの手作りおもちゃを作ってみましょう。

【100円ショップで買える材料】
モール2本 画用紙

【道具】
はさみ セロテープ 鉛筆 定規 マジック
材料

【作り方】
1. 画用紙を四角に切ります。これはさるの胴体になります。
手になるモールをはさむので、
写真のように長い長方形を折ったような形にしてください。
手順1

 

2. 胴体とのバランスを考えながら、さるの頭を作ります。
手順2

 

3. 胴体部分の四角を開き、手になるモールを貼り付けます。
手順3

 

4. 胴体の下の方に、足となるモールを貼り付けます。
手順4
 

5. 顔を貼り付けて、目や口を描きます。
手順5

 

6. マジックで洋服を描いてできあがり。
手順6

モールの手足を、いろんなところにひっかけられます。
手順6-2

 

【製作時間】
10分くらいです。

 

【作り方のポイント】
私が作ったさるは胴体が太すぎたのですが、
スマートに作れば手足も長くなり、
もっといろんなところにつかまらせることができると思います。

【子どもの反応】
ディズニー英語システムに、モールを手足に使って、
アクロバット(曲芸師)の手作りおもちゃを作るという教材があり、
1年ほど前作ったことがありました。

今回は、より親しみやすいサルでこの手作りおもちゃを作ってみました。
5歳の長男はさる好きということもあり、
がんばって一人で作ることができました。
5歳の長男の作品

7歳の長女は、私が作ったさるの洋服のお絵かきに夢中になり、
それで満足したみたいでした。

3歳の次男はあまり興味がないみたいでした。

Sponsored Link