紙コップけんだま

Sponsored Link

長女が小学校から紙コップけんだまを持って帰ってきました。「おもちゃまつり」というイベントで2年生が手作りしたものをもらったらしいのですが、いつものように、長男と次男が紙コップけんだまをとりあって喧嘩に・・・。

ということで、紙コップけんだま、もう一個作ることにしました。

【100円ショップで買える材料】
紙コップ2個 毛糸 パッキングテープ

【道具】
はさみ セロハンテープ

【家にある材料】
新聞紙
材料

 

【作り方】
1. 紙コップの裏側にセロハンテープで毛糸をとめます。
手順1

 

2. 新聞紙を丸め、パッキングテープで覆って玉にしたものを、
毛糸の先にくっつけます。
手順2

 

3. もうひとつの紙コップをとりだし、底どおしをくっつけて、できあがり。
手順3

紙コップの中に玉をいれてけんだま遊びをしましょう。

 

【製作時間】
5分くらい。
比較的簡単に作れる手作りおもちゃです。

 

【作り方のポイント】
毛糸が短すぎてもちゃんと紙コップの中にボールが入らないのですが、
長すぎると難易度がアップします。
実際試してみながら、毛糸の長さを調節してください。

紙コップ1個で作っても、遊べます。
また、新聞紙を丸めた玉のかわりに、
まつぼっくりを使うと、自然色あふれる手作りおもちゃになって楽しいでしょう。

 

【遊び方のポイント】
簡単にコップの中に玉が入るようになったら、
いろいろな技をあみだしてみましょう。
★二つのコップに、交互に玉をいれてみる。
★玉をぐるぐると大回転させたあとに、コップに入れる。
★左手でやってみる。

小さい子は玉をうまくコントロールするのが難しいかもしれません。
そのときは、大人が玉をもって子供に投げて、
子供がボールでそれをキャッチする、というようにすれば、
遊びやすいと思います。
【子どもの反応】
7歳の長女が一番気に入っていた手作りおもちゃです。
宿題を一問やるごとにけんだまで遊び、
玉が入ったら次の問題をやる、なんてこともやってました。
(もちろん、宿題に集中しなさい!と怒ってやめさせましたが。)

5歳の長男はちょっと苦戦しましたが、
10回に1回くらいは玉を入れることができるようになりました。

3歳の次男はやりたがるのだけれども、実際には難しいようで、
私が玉を投げて、次男がキャッチする、というようにして遊びました。

Sponsored Link