使い方はいろいろ! 毛糸やモールで手作りおもちゃを。

Sponsored Link

毛糸の使い道って、編み物だけではないんですよ。
手作りおもちゃの材料として幅広く使えます。

たとえば、折り紙や厚紙を貼って、ペンダントに。
ペンダント

 

折り紙を細くまるめて、その先に毛糸をつけて、新体操のリボンに。
新体操のリボン

これをくるくるまわしながら、7歳の長女がよく踊っています。

ペンダントも新体操のリボンも、本物のリボンでももちろんできます。
でも、100円ショップで買うリボンと毛糸を比べてみると、
毛糸の方が断然長いんですよね。

使っても使ってもまだまだある、という感じで、
手作りおもちゃがたくさん作れちゃいます。

また、おままごとの道具としても使えます。
お皿にもって、スパゲティにしてみました。
スパゲッティ

 

もちろん、簡単な編み物、ゆび編みに挑戦するのもいいですね。
長女は幼稚園時代、女の子が集まって黙々とゆび編みしていた時期がありました。
できあがったものはぬいぐるみのマフラーなんかになってました。

毛糸で字を書いてみても楽しいです。
文字

毛糸で文字を作ってみると、文字の構造がよくわかるようです。

5歳の長男は、ちょっと書くのが苦手なひらがな「め」という字を
わりと上手に書けるようになりました。
ちなみに毛糸で字を書くのは、
ちょっとくにゃくにゃして難しいかもしれません。
しかし、「モール」は、中に針金の芯がはいっているので、
いろんなものを形づくるのには便利な手作りおもちゃの道具です。

モールは100円ショップではラッピングコーナーにおいてある場合がおおいです。
私は30本100円のものを買いましたが、
もっとたくさん入っているものもあるようです。

毛糸は、100円ショップではだいたい1玉100円で売られています。

色や種類も豊富ですし、いろんな色をそろえても楽しいです。

 

Sponsored Link