投げるだけで遊べちゃう♪ 紙皿を使おう

Sponsored Link

紙皿を使って手作りおもちゃを作ってみましょう。

紙皿は、やはり100円ショップでいろんな種類がおいてあります。

白地や色つき、そしてかわいいキャラクターつきのものなどが
おいてあるのは紙コップと一緒ですが、
紙皿には形状にもいろんなバリエーションがあります。

平皿から、ちょっとボウル状にになっているもの、
そしてラーメンカップのようなものもあります。

ここでは平皿を使った手作りおもちゃの紹介をしていきますが、
いろんなお皿を使って手作りおもちゃを作っても楽しいですよね。

【ちょっと遊んでみよう】
紙皿のすごいところは、何も加工せずに、
そのまま投げるだけで、フリスビーになっちゃうところです。

くるくるまわって結構飛ぶんですよ。

飛ばしにくい場合は、何枚か重ねたまま飛ばすと、
重みがあるのでよく飛ぶようになります。

5歳の長男と3歳の次男は、紙コップを的にして、
紙皿を投げる遊びをしていました。
的にあたらないと、紙皿をそのまま手に持って、
紙コップをなぎ倒していましたが、
2人できゃっきゃと笑いながら仲良く遊んでいました。
遊んでみよう

 

紙皿を2枚くっつけても、よく飛びます。
遊んでみよう2
遊んでみよう3

また、紙皿の丸い形を見ていると、どうしても顔を描きたくなるようで、
次男は紙皿のまわりのひらひらの部分を切り取り、
目、鼻、口を描いて、お面のようにして遊んでいました。

Sponsored Link