ストローコプター

Sponsored Link

昔なつかし竹とんぼのストローバージョンです。
作るのも、飛ばすのも、簡単にできちゃう手作りおもちゃです。

【100円ショップで買える材料】
ストロー(曲がるストローの場合は、曲がる部分を切り落としてください)
画用紙

【道具】
はさみ ホッチキス セロハンテープ
材料

 

【作り方】
1 画用紙を細長に切って、半分に折ります。
(寸法については、作り方のポイント参照)
手順1

 

2 ストローに少し切り込みをいれます。
手順2

 

3 画用紙の真ん中にストローをはさみこみ、
ホッチキスでとめたあと、セロハンテープで補強します。
手順3

 

4 羽をひらけばできあがり。
手順4

 

5 竹とんぼをとばす要領で、
ストローを両手ではさんでこすりあわせるようにしたあと、
手を離してみましょう。
ストロートンボが羽をくるくるまわしながら飛んでいきます。
手順5

 

【製作時間】
2~3分です。超高速でできちゃう手作りおもちゃです。

 

【作り方のポイント】
画用紙は、わりと細めに切ったほうがうまく飛ぶようです。
これが一番うまく飛んだストロートンボです。
ポイント

私はだいたいいつも適当に作ってしまうのですが、
寸法をはかってみたところ、
・よくとんだストロートンボの羽の部分→約21cm×2.5cmの画用紙を使用
・作り方見本のストロートンボの羽の部分→約18cm×3.5cmの画用紙を使用
でした。

もちろん、作り方見本の写真のストロートンボも、
ちゃんと飛ばすことはできました。

飛ぶ手作りおもちゃはバランスが大切で、
数ミリ違ってもバランスが変わることもあります。
いろんなパターンを作って試してみてくださいね。

 

【遊び方のポイント】
両手をぴったりあわせるのではなく、
少し上下にずらしてこすりあわせるとうまく飛びます。
また、腕をのばさないで飛ばそうとすると、
ストロートンボの紙の羽が目に入ってしまう場合があります。
腕をぴんとのばして飛ばすようにしましょう。

 

【子どもの反応】
7歳、5歳、3歳の子供たちみんな上手に飛ばすことができました。
とくに3歳の次男は自分ひとりで飛ばせたことがうれしかったらしく、
飛ばすたびにガッツポーズをしていました。

Sponsored Link