お人形のベッド

Sponsored Link

女の子のベッドの隣に、ぬいぐるみや人形用の小さなベッドがあって、一緒に寝るというシーン、外国のアニメや映画でみかけますよね。あんな立派な木製のベッドではありませんが、収納ボックスを使って、お人形のベッドの手作りおもちゃを作ってみましょう。

【100円ショップで買える材料】
ひきだし系の収納ボックス スポンジ2,3個 木目調のパッキングテープ
毛糸 両面テープ 厚紙

【家にあるもので用意するもの】
はぎれ(ここでは、破れたシーツを使いましたが、古着やハンカチなどでもOKです。) タオル

【道具】
はさみ セロテープ 鉛筆 定規
材料

 

【作り方】
1. ここでは、このような形の収納ボックスを使います。
ちなみにサイズは、約23×16×6cmです。
手順1

 

2. 収納ボックスの大きさをはかり、厚紙を切って、写真のように貼り付けます。
(セロテープと両面テープを使いました。)このとき、ひきだしが開くように気をつけてください。
手順2

 

3. 厚紙に木目調のパッキングテープを貼ります。
手順3

 

4. 収納ボックスの上にスポンジをのせて、マットレスを作ります。
大きさがあわないようなら、スポンジを切ってください。
大きさをあわせたら、スポンジ同士をセロテープでとめます。
手順4

 

5. スポンジをはぎれでくるみ、ベッドに戻します。
手順5

 

6. 枕を作ります。はぎれの中にはぎれ(またはティッシュなど)をいれてくるみ、
両端を毛糸で結び、キャンディ包みのようにします。
手順6

 

7. タオルのお布団をかければできあがり。
手順7

 

こんな風にお人形を寝かせてあげてください。
完成

 

ひきだしの中に、このようにお洋服を収納することもできます。
服を収納

 

【製作時間】
20分くらいかかりました。

【作り方のポイント】
収納ボックスはいろいろなサイズがあるので、お人形が入らない場合も。
サイズをよく確認した上でこの手作りおもちゃを作ってみてください。

【もっとやってみよう】
かけ布団も中に綿などを入れて作ると、もっと本格的な手作りおもちゃになりますね。
私はお裁縫が苦手なので、タオルをかけ布団かわりにしてしまいましたが。。。

【子どもの反応】
土曜日の寝る前にこの手作りおもちゃを作ったのですが、
日曜日朝からこのベッドを使って7歳の長女、5歳の長男、3歳の次男が
楽しそうに遊んでいました。
お人形遊びプラス戦いごっこをやっていたようで、
ベッドのひきだし部分に敵キャラがひそんでいてお人形を襲ったり
ベッドが空を飛んだりしてました。
長男に「もう一個作って」とせがまれたので、
近々2台目のベッドを作る予定です。

Sponsored Link