ビー玉またいでとるゲーム

Sponsored Link

先日テレビで、脳を活性化するビー玉を使ったゲームが紹介されていました。放送終了後、このゲームは人気がでて品薄状態のようです。遊び方も構造も簡単だったので、手作りおもちゃとして作ってみることにしました。

【100円ショップで買える材料】
ビー玉たくさん(ここでは36個) 浅いカゴ

【道具】
はさみ 両面テープ パッキングテープ(なくても可)

【家にあるもの】
ペットボトルのふたたくさん(ここでは37個) 500mlのペットボトル(なくても可)
材料

 

★作る前に、まず遊び方を説明します。
これは対戦型などではなく、基本的に一人でクリアできるように遊ぶ、
パズルのようなゲームです。

【遊び方】
1 真ん中以外のペットボトルのふたにビー玉をひとつずついれます。
手順1

 

2 ビー玉を1個またいで、あいている穴にいれます(赤線の通り)。
またがれたビー玉は、かごの外に出します。(青線の通り)
手順2
出したビー玉は、ペットボトルの中に入れておくと便利です。
手順2-1

 

3 ビー玉は縦、横のみで、ななめにはまたげません。
どんどんまたいでビー玉の数を減らしていき、
最終的にビー玉が一個になったらクリアしたことになります。

 

【作り方】
1 ペットボトルのふたに両面テープをはります。
手順1

 

2 図のようにペットボトルのふたを並べます。
手順2

 

3 とったビー玉をいれるように、
500mlのペットボトルにパッキングテープを貼って完成
手順3

 

【製作時間】
20分くらい。
ペットボトルのふたに両面テープを貼るのにちょっと時間がかかりました。

 

【作り方のポイント】
ペットボトルのふたは、隙間なくつめた方が遊びやすいです。
私は隙間を作ってしまったので、そこにビー玉が入るととりにくくて苦労しました。
ポイント

 

とったビー玉を入れるペットボトルは別になくてもかまいません。
とったビー玉は、かごの中にためていってもいいです。
ポイント2

 

ただ、ペットボトルの中にビー玉を入れていくのはそれだけでなんだか楽しいし、
ゲーム終了後もう一度遊ぶ時に、
ビー玉をそのままペットボトルから注げるので便利です。
ポイント3

ちなみに、ペットボトルにパッキングテープを貼ったのは、
ゲーム用の空ペットボトルなんですよ、というしるしで、
貼らなくても問題ありません。

ペットボトルのふたの配列ですが、
最初作った時は3個を2列、5個を5列の合計31個にしました。
ポイント4

しかしどうしても最後にビー玉が4個残ってしまい、
ペットボトルのふたをふやしてみました。

3個を2列、5個を2列、7個を3列の37個です。
これだと、最後にビー玉が2個残るという、
クリアまであと1歩のところまでいきました。

みなさんもいろいろ配列をかえて試してみてください。
ちなみに、配列は縦横とも奇数にしてくださいね。

 

【もっとやってみよう】
ペットボトルのふたがそんなにない、
もしくはこの手作りおもちゃを作るのが面倒だ、
という方は、丸をかいて、おはじきでやってみてください。
もっとやってみよう

ちょっとおはじきじゃないのもまじってますが・・・。

 

【子どもの反応】
この手作りおもちゃに一番夢中になったのは、5歳の長男でした。
最初はルールがよくわからなかったようなのですが、
コツをのみこむと、この手作りおもちゃを抱えてずーっと一人で遊んでました。

7歳の長女はルールを説明したらすぐ理解し、
大人と変わらないレベルでゲームに取り組んでいました。

3歳の次男にはまだ無理のようでしたが、
ビー玉をペットボトルのふたにひとつずついれたり、
お兄ちゃんやお姉ちゃんのゲームを見ながら
とったビー玉をペットボトルに入れる係りをしたりしていました。
そして、主人も私も例外ではなく、このゲームに夢中になりました
二人ともまだ完全クリアはしていないので、
どちらが先にクリアできるか競争したいと思います。

Sponsored Link