大きな折り紙を作ろう!

Sponsored Link

通常よりビッグサイズの手作りおもちゃって、大きいってだけで子どもは喜ぶものですよね。大きめサイズの折り紙も売ってはいますが、ここでは普通の折り紙をつなげて大きな折り紙にして、手作りおもちゃを楽しんじゃいましょう!!

【100円ショップで買える材料】
折り紙

 

【道具】
セロテープ
材料

【作り方】
1 折り紙を3枚×3枚の9枚ならべ、セロテープでくっつけます。
手順1

 

2 裏返すとこんなかんじです。
これで普通に折り紙を折ってみましょう。
手順2

 

3 つるを折ってみました。
手順3

隣にあるのが、通常サイズの鶴です。

 

4 全部で16枚使って、手裏剣を作ってみました。
手順4

 

【製作時間】
何を折るかで違いますが、折り紙を9枚貼り合せるのに、
10分くらいかかります。
【作り方のコツ】
新聞紙を使っても大きいものができますが、
色紙を貼り合せると、カラフルで楽しい手作りおもちゃが作れます。
貼り合せながら、「横3枚、縦3枚だけど、全部で何枚つかったでしょう?」なんて、
算数の問題出しながら作ってみてもいいかも。

 

【もっとやってみよう】
普通サイズの折り紙を四等分し、
パッチワークのように貼り合わせてみても面白いです。
もっとやってみよう1

もっとやってみよう2

折り紙のこの部分がこういうように使われるんだ、
という構造がわかって楽しいです。
破れたりぐしゃぐしゃになった折り紙から使えるとこだけ切ってつなぎあわせ、
再利用してもいいですね。

【子どもの反応】
小さい折り紙は、7歳の長女がたまに遊んでいたのですが、
大きいものは初めてだったので、
5歳の長男、3歳の次男ともに喜んだ手作りおもちゃになりました。
大きな鶴には羽にお人形を乗せてごっこ遊びしてました。
大きな手裏剣も投げあいっこして楽しそうに遊んでました。

Sponsored Link