独楽に挑戦しよう!

Sponsored Link

うちの母は60の手習いで、最近折り紙に凝っています。野菜などを宅急便で送ってくれる時に、いつも折り紙の作品が入ってます。おばあちゃんから送られてくる折り紙の作品で、一番子どもたちが気に入ったのが、独楽。折り紙で作ってあるのにとってもよくまわるんですよ。

3枚の折り紙を組み合わせて作るのですが、意外と難しくないのです。
レベル的には、折り鶴くらいかな。
ぜひ、折り紙独楽という手作りおもちゃにチャレンジしてみてください。

【100円ショップで買える材料】
折り紙
材料

 

これが独楽です。
独楽

お花みたいでしょ。

 

こんなによくまわります。
よくまわる

 

【作り方】
独楽のパーツは次の3つに別れてます。
3つのパーツ

 
A取っ手 (オレンジ色) B 内側 (紫色) C 外側 (水色)

 

【作り方その1】
A取っ手を作ります。
1 縦横半分に折っておりすじをつけたあと元に戻し、
真ん中に角を集めるように折って行きます。
やっこさんをつくる最初と一緒です。
これをざぶとん折りといいます。
手順1

 

2 裏を返さず、そのまま、再び角を真ん中に集めるようにおります。
手順2

 

3 もう一度、そのまま角を真ん中に集めるように折ります。
手順3

 

4 斜め半分に折り、折り筋をしっかりつけます。
手順4

 

5 もう一度半分に折ります。
手順5

 

6 4と5で折ったところを開いて、3回ざぶとん折りしたこの状態になります。
手順6

 

7 三角の面を押しこみ、写真の状態にします。
手順7

 

【作り方その2】
B内側を作ります。
1 A取っ手のように、一度ざぶとん折りにします。
手順1

 

2 次は裏を返して、再び真ん中に集めるようにざぶとん折りします。
手順2

 

3 もう一度裏を返して、ざぶとん折りします。
ここまで、やっこさんの作り方と同じですね。
手順3

 

4 裏を返すと、こうなります。
手順4

 

5 4つある四角(やっこさんの顔のようなもの)を1枚ずつめくって折っていきます。
手順5

 

6 4つともめくったら、内側の完成。
手順6

 

【作り方その3】
C外側を作ります。
1 縦半分に折って折りすじをつけて戻し、
真ん中の線にあわせて両端を長方形に折る。
さいふやだましぶね、かざぐるまと同じです。
手順1

 

2 横半分に折って折りすじをつけてもどし、真ん中の線にあわせて折ります。
手順2

 

3 角をひらいております。これも、だましぶねと同じ折り方です。
手順3

 

4 四隅を開くとこうなります。
手順4

 

5 四隅の三角の袋を、四角につぶします。
手順5

 

6 全部四角につぶすとこうなります。
手順6

 

7 四角ひとつひとつを、折鶴を折るように折り目をつけます。
手順7

 

8 開いて、このような形をつくります。
手順8

 

9 四つ全て同じようにします。
手順9

 

10 真ん中にある端をもって、三角にひらきます。
手順10

 

11 四つとも開きます。
手順11

 

12 飛び出ている角の部分を、中に折ります。
手順12

 

13 全部中に折れば、C部分のできあがりです。
手順13

 

【作り方その4】
A、B、Cを合わせます。
1 まず、Bの中にAを入れます。
手順1

 

2 次に、Cの中に入れて、できあがり!!
手順2

 

【製作時間】
15分くらいかな。折り方を確認しながら、ゆっくり作ってみましょう。
折り方をマスターし、
この手作りおもちゃの作り方をお友達に教えてあげても喜ばれますよ!!

【もっとやってみよう】
独楽にシールを貼ったり、絵を描いたりして、
まわったときどうなるか調べてみても面白いです。
もっとやってみよう

もっとやってみよう2

【子どもの反応】
7歳の長女、5歳の長男、3歳の次男とも、
最初にこの独楽をみたとき結構驚きました。
長女、長男はもちろん、3歳の次男にも上手にまわすことができました。
また、7歳の長女は私が教えたら、ちゃんと自分で折ることもできました。
小学生なら、自分で作ることができる手作りおもちゃです。

Sponsored Link