紙飛行機をとばしてみよう

Sponsored Link

子どものころよく飛ばした紙飛行機、これって手軽にできる手作りおもちゃでしたよね。古い記憶を思い出しながら、何種類か折った中で、作りやすかった2種類を紹介します。

【100円ショップで買える材料】
折り紙
材料

★タイプA

タイプA

【作り方】
1 半分に折って折り目をつけ、その折り目に沿って三角に折ります。
手順1

このとき、少々隙間を開けるのがうまくいくコツです。

 
2 更に真ん中の折り目に沿って、端を折ります。
手順2

 
3 半分に折ります。
手順3

 
4 翼の部分を開きます。このとき、
先を少し残すのがポイントです。
手順4

 
5 もう一方の翼も開いて、出来上がり。
完成

 

★タイプB
タイプB
【作り方】
1.2はタイプBと同じ。
3 先端を折ります。
手順3

 
4 二つに折り翼を広げます。
手順4

 
5 翼の端を折り曲げて、できあがり。
完成

 
【製作時間】
5分くらい。

【作り方のポイント】
紙飛行機は、バランスが大切な手作りおもちゃ
きっちりと折り目をつけて折りましょう。

Aタイプは、バランスが悪いとくるくると回転しちゃいます。
でも回転しながら飛ぶ飛行機も面白いです。

Bタイプは、4の段階で翼の端を折らずにおくと、
びゅんびゅん真っ直ぐ飛びます。
このように翼の端を折り曲げると、ふんわり飛びます。

また先端にクリップをつけると、適度なおもりになってよく飛ぶようになります。
いろいろ

いろいろな折り方を試して、オリジナル紙飛行機を作ってみてくださいね

【もっとやってみよう】
紙飛行機をただ飛ばすだけでなく、ゴールを決めて、
そこに当たったら成功!ということにして遊んでみましょう。
我が家では、カーテンに当たったらゴール、というルールを決めてます。

また、紙飛行機の外側にお絵かきしても楽しめます。
以前、7歳の長女は、折り紙に絵と手紙を描き、
それを紙飛行機にして私にむけてとばし、手紙をくれたことがあります。
こういう使い方も面白いですね。

【子どもの反応】
紙飛行機は、子どもをひきつける手作りおもちゃのようで、
7歳の長女、5歳の長男、3歳の次男とも大好きです。
長女と長男は一人で紙飛行機が折れます。

次男は、なんとか一人で紙飛行機が飛ばせるようになりました。
NHK教育でやっている紙フトタッチダウン
(紙飛行機を使ったアメリカンフットボールのような競技)
のファンというのも、紙飛行機が好きなひとつの理由かもしれません。

Sponsored Link