メビウスの輪

Sponsored Link

「メビウス」というと、ウルトラマンメビウスやパソコンの名前を思い浮かべる子どもが多いかもしれません。これらは「メビウスの輪」からつけられた名前ですよね。ご存知の方も多いと思いますが、「メビウスの輪」とは、帯状のものを半回転ひねって輪にした帯のことです。これを切ると、ちょっと不思議なことがおこるんですよね。

【100円ショップで買える材料】
折り紙

【道具】
はさみ セロテープ
材料

【作り方】
1 折り紙を縦4つに等分し、はさみで切って帯を作ります。
手順1

 

2 3色で作った帯を組み合わせた長い帯を2本作ります。
手順2

 

3 1本はふつうに輪を作ってセロテープでとめます(これを輪Aと呼びましょう)。
手順3

 

4 もう1本は半回転ひねって(黄色い折り紙の表と、
緑色の折り紙の裏をあわせるようにして)輪にし、
セロテープでとめます。(これを輪Bと呼びましょう)
手順4

 

5 まず、輪Aの真ん中にはさみを入れて、切ります。
手順5

 

6 すると、予想通りだと思いますが、輪が二つになりました。
手順6

 

7 次に、輪Bの真ん中にはさみを入れてきってみます。
手順7

そして切りながら子どもたちに、「どうなると思う?」と聞いてみましょう。

8 子どもたちの答えは、「輪が二つになる」というものだと思いますが、
実際は、大きなひとつの輪になっちゃいました。
手順8

ちょっと不思議な手作りおもちゃでしょ?

【製作時間】
5分~10分でできると思います。

【作り方のポイント】
もちろんA4用紙などを使っても構いません。
しかし折り紙を使ったほうが、裏表や、メビウスの輪を切った後、
どういうふうな順番で帯がつながっているか、などをチェックしやすく、
より分かりやすい手作りおもちゃになると思います。

【もっとやってみよう】
では、輪を作るときに、一回転ひねってみたものを切ると、どうなるでしょう?
また、メビウスの輪の真ん中ではなく、3分の1の幅のところを切っていくと、
また違った輪になります。
試してみてくださいね。
【子どもの反応】
数学的な手作りおもちゃだったせいか、
7歳の長女と5歳の長男は驚いたのですが、3歳の次男は無反応でした。

Sponsored Link