脳トレにもなるおりがみを使おう!!

Sponsored Link

最近ブームになっているおりがみ。
子どもの遊びとしてだけではなく、大人も夢中になっている人が多いようです。
指先を使うので、脳が活性化されるとして、認知症の予防などにも役立つようです。
そんな折り紙を作って手作りおもちゃを作ってみましょう。

さて、まず100円ショップの折り紙売り場をのぞいてみましょう。

小さい折り紙から、ビックサイズの折り紙、キャラクターものや千代紙、
単色おりがみ(1色の折り紙がたくさん入っているタイプのもの)など種類もさまざま。

しかし一番使いやすくてお得なのは、
15cm×15cmで、100枚入って100円のタイプだと思います。
いろいろな100円ショップでみかける商品なので、探してみてくださいね。

さて、折り紙で手作りおもちゃを作る前に・・・。
【幼稚園前の子どもと折り紙1】
幼稚園前の子どもって、なかなか折り紙を折ること難しいですよね。
そんな子どもにありがちなのが、
折り紙をちょきちょきはさみで切ったり、手でちぎったりすること。

もったいない!!と思わず叫んでしまいそうになりますが・・・。
折って遊ぶのも、切って遊ぶのも、子どもにとっては同じ遊び。

枚数を決めて、切ったりちぎったりさせてあげましょう。
切った折り紙は、雪や花びらに見立てて降らせてみたり、
ちぎり絵にしてみてもいいですよね。

【幼稚園前の子どもと折り紙2】
うちの長女が幼稚園前からよく、折り紙に絵を描いてました。
大人の感覚から言うと、これももったいない!て思っちゃうんですよね。

絵を描くなら、自由帳や、ちらしの裏にでも描いておくれ、なんてね。

でも、折り紙の大きさって絵を描くのにちょうどいいみたいです。
せっかく楽しくお絵かきしてるのだから、
水をささずに、自由に描かせてあげましょう。
折り紙を使って友達にお手紙も書いてました。
便箋も封筒も折り紙。
考えてみれば、折り紙って便利なものですよね。
【100円ショップで見つけたおりがみ便利グッズ1】
便利グッズ1

折り紙を入れておけるホルダーです。
このホルダーがあると、散らかりがちな折り紙も、きちんと片付けられます。

 

【100円ショップで見つけたおりがみ便利グッズ2】
便利グッズ2

折り紙の本までありました。
紙飛行機から手裏剣、ぴょんぴょんがえるまで、
いろいろな折り方がのっています。

そして、折り紙のホームページもいくつかありました。

おりがみくらぶ
さてさて、では、次から折り紙で手作りおもちゃを作ってみましょう。

Sponsored Link