マグネットシートで遊ぼう

Sponsored Link

磁石としてはそれほど強力ではないマグネットシートも、
いろいろ楽しい手作りおもちゃに変身できます。

【100円ショップで買える材料】
マグネットシート 全面タックシール
(マグネットシートは取り扱いのない100円ショップもあるかもしれません。
私はキャン●ーで買いました。)

【道具】
はさみ 鉛筆 くれよん(色鉛筆、マジックでも可)
材料

 

【作り方】
1. タックシールを、マグネットシートの大きさに切ります。
手順1

 

2. タックシールに絵を描きます。
手順2

 

3. 絵を描いたシールをマグネットシートに貼り付け、適当な大きさに切ります。
手順3

 

4. パズルのできあがり♪
完成

 

【製作時間】
絵をどれだけ丁寧に描くかで違ってきますが、
だいたい5分~10分程度です。

【遊び方のポイント】
枠のないパズルなので、小さい子には最初難しく感じるかもしれません。
最初の1ピースだけ、お母さんが端にくっつけておいてあげると、
やりやすいと思います。

【もっとやってみよう】
ホームページでかべがみをダウンロードし印刷すれば、
本格的なパズルの手作りおもちゃもできちゃいます。

壁紙

かべがみの多くは無料で入手できますので、
おためしあれ!

 

また、タックシールにたくさん眼や鼻や口のパーツを描いてマグネットシートに貼り、
福笑いもやってみました。
例1

例2

例3

同じ眼でも置く位置によって表情も変わります。
磁石でくっつくので、置いた眼や口や鼻がずれないのが便利です。

【子どもの反応】
壁紙をダウンロードして作った手作りおもちゃのパズルは、
5歳の長男が気に入ったようで、
何回か遊んだ後、もっと難しいの作って!と言われました。

何種類かを組み合わせると難易度があがります。
3歳の次男は、福笑いの手作りおもちゃで遊ぶときは、
必ず一度にたくさんの眼や口をつけて、お化けにして遊んでました。

7歳の長女の描いた絵をパズルにしようと思ったのですが、
「私の絵を切らないで」と拒否されました。

子どもの絵でパズルを作るのも楽しいと思ったのですが、
こういう場合もありますので、
作る場合は一度お子さんに確認をとってみてくださいね。

Sponsored Link