さいころ

Sponsored Link

本物のさいころって小さいですよね。
子供の誤飲が心配だし、すぐになくなっちゃう。
それに幼児雑誌の付録などでついてくる紙で作るさいころは、
あっという間に壊れてしまいます。
こういうときはもちろん、手作りおもちゃでさいころをつくってしまいましょう!

【100円ショップで買える材料】
パッキングテープ カラーシール

【道具】
はさみ

【家にあるもの】
牛乳パック
材料

 

 

【作り方】
1. 牛乳パックを、立方体(正六面体)になるように切ります。
手順1

 

2. 周りをパッキングテープで貼ります。
手順2

 

3. さいころの目として、カラーシールを各面に貼って完成。
手順3

 

 

【製作時間】
5分から10分でできます。
【作り方のポイント】
カラーシールがはがれるとややこしいので、
補強のため上からセロハンテープを貼るとなおよいでしょう。
カラーシールがない場合は、
数字を書いた白い紙を貼り付けるだけでもいいと思います。

 

【もっとやってみよう】
おなじ形のものを5つ作って積み木にしてみました。
もっとやってみよう

 

ちょっと歪んだ積み木なのですが、
5つ程度なら縦に積んでいけます。
うちでは積み木を積んで、
「あんぱんち~」といいながらパンチでくずす遊びをしていました。
牛乳パックなのであまり硬くなく、
怪我せずに遊べるやさしい手作りおもちゃです。

 

【子どもの反応】
5歳の長男と3歳の次男は、
積み木を組み立てたり壊したり投げたりして遊んでいました。

7歳の長女は、さいころにカラーシールを貼るときに、
さいころの目の規則性
(1の裏は6、2の裏は5、3の裏は4で、足したら必ず7になるということ)
を話しました。
手作りおもちゃを作りながらも、
ちょっとしたお勉強タイムになりました。

Sponsored Link