絵や文字をかがみにうつしてみよう。

Sponsored Link

かがみは左右反対にものをうつします。
それを利用して楽しい遊びができる手作りおもちゃです。

【100円ショップで買える材料】
かがみ お絵かき帳

 

【道具】
鉛筆
材料

 

【遊び方】
その1 カタカナを読んでみよう
大人が紙にかがみ文字(左右が反転した文字)を書きます。
カタカナが一番描きやすいと思います。
遊び方1

 

子供にこれはなんて読むでしょう?とクイズをだしたあと、
実際に文字を鏡に映してみます
遊び方1.1

 

7歳の長女は、自分で鏡を見ながら
鏡文字を書いても遊んでいました。

その2 泣き顔、笑い顔
写真のように、半分泣いていて、
半分笑っている顔を描きます。
顔の真ん中に線をひいておきます。
遊び方2

 

線に鏡をあててうつしてみると・・・。
泣いている顔と
遊び方2-2

 

笑っている顔になります。
遊び方2.3

 

その3  迷路
遊び方3

 

紙にぐねぐね曲がった道を描き、
鏡に映ったものを見ながら道の真ん中をたどっていきます。

 

意外と難しいです。
とくに、ずれたときに軌道修正が分からなくなります。

 

【製作時間】
紙、鏡、鉛筆さえあれば、
すぐにできる手作りおもちゃです。
かばんに入るものなので、外出先で遊んでもいいですね。

【子どもの反応】
一番喜んだのは7歳の長女で、
こちらがあたえたものだけでなく、
自分で工夫して一人で遊んでいました。
5歳の長男は迷路を少しやったり、
鏡文字を読んだりしてました。
3歳の次男はまだ遊び方がわからなかったようです。
頭を使う手作りおもちゃでした。

ちなみに、この手作りおもちゃは
「やさしいかがくの工作〈3〉かがみのこうさく」
を参考にしました。

Sponsored Link